3DS:虫歯菌除去

予防歯科の「虫歯菌ゼロコース」メニュー

虫歯や歯周病は、口腔内に存在する細菌によって発症する「感染症」の一種です。
従って、虫歯・歯周病に罹っている方の口腔内には、必ず原因となる細菌が棲息しています。
最新の研究によって、この原因となる細菌の数さえ減らすことが出来れば、新たな発症を防げることが明らかになっています。歯の治療を受ける時に外せない心得は、あなたがやって貰う施術内容を、自身がちゃんと認識し、納得することです。キッチリと話し合いしましょう。

“虫歯菌ゼロコース”とは、この原因細菌を徹底的になくすことを目的としてお口のケアを行っていく「予防歯科」のひとつです。

原因細菌は歯の表面にのみ存在しており、通常「バイオフィルムプラーク」と言われる薄い膜になっているものの内部で増殖していきます。
この膜は非常に厄介なもので、一度できてしまうと日頃のブラッシング程度では除去することは不可能で、飲み薬や塗り薬などが直接効かない環境を作ってしまい、「いくら磨いても虫歯が出来てしまう」という状態になってしまいます。

このため特別の処置としてPMTCによって膜を除去することが必要になります。
そしてこの施術後に、口の中にフィットしたトレーを使って除菌効果のある薬を一定期間歯の表面に塗布します。
この方法を用いることで薬が唾液で希釈されることもなく、安全かつ確実に抗菌剤やフッ素などを塗布することができますので、虫歯や歯周病菌の除去法として期待されています。
施術の手順としては

1.口の中の原因菌検査(唾液検査)によって除菌が必要かどうかを確認します。
2.口の中の歯型を採り、施術部分にフィットしたトレーを製作します。
3.PMTCによって「バイオフィルムプラーク」を除去し、歯の表面全体を全て丁寧に磨いて綺麗にします。
4.製作したトレーに抗菌剤やフッ素などの薬剤を入れて口の中にはめ、5分間保持して除菌します。口の中の状況によっては、1週間後に再度この除菌作業を行う必要がある場合もあります。
5.家庭でも1日1~2回(1回5分)の除菌操作を1週間行います。
1回だけなら就寝前のブラッシング後、2回なら朝と就寝前に行ないます。
6.除菌効果は概ね6カ月持続すると言われています。

歯のレーザー処置はムシ歯菌をレーザーを当てることによって殺菌させ、加えて歯表層の硬さを高め、嫌な虫歯になりにくい状態にする事ができると考えられます。
いつのまにか歯に付く歯石はプラークとは違い硬いために、歯みがきで取り除くことがやっかいになるだけではなく、気持ちの良い細菌の好きな家となり、歯周病を招き入れます。
噛み合わせると痛覚が刺激される入れ歯、ぴったりはまっていない入れ歯は、それが元できちんと物を噛むことができずにそのままのどを通してしまう症例が頻発してきてしまうとのことです。
永久歯と違って乳歯は歯のエナメル質や象牙質などの厚さが約半分位しかありません。一層歯を再び石灰化する機能も未熟なので、虫歯の原因菌にすんなりと溶かされます。
インフォームド・コンセントの実践は病気の具合を厳密に掴み取り、それに応じた治療の実践に率先して努力しましょうという信念に起因するものです。


プロによる歯のクリーニングは、歯周病の大元となる菌を蔓延を抑制する適切な方策であると科学的に証明されており、ただ感覚的に快いというだけではないとされています。
良く知られているように口腔内の唾液は酸っぱそうなものや、おいしそうな料理を目の前にすると出てきますが、じつは虫歯や歯茎の歯周病等を防止するのに役立つのが唾です。
口の臭いを抑制する働きのあるドリンクにコーヒーの名前があげられますが、あまりにも飲み過ぎると口のなかが乾いてしまい、残念ながら口の臭いの原因になる存在です。
長期間歯を使い続けていると、表面のエナメル質はちょっとずつ傷んでしまって薄くなるので、中に存在する象牙質の持つ色味が少しずつ透けて見えるようになります。
むし歯や歯周病などがひどくなってからかかりつけのクリニックに出かけるケースが大多数ですが、予防しにかかりつけの歯科医院に通うのが実は理想の姿でしょう。


厄介な歯肉炎を発症してしまうと、歯ブラシでの歯みがきの時、りんごなどを齧りついた時、歯グキから血が出たり、歯茎がどことなくむずむずする等のこうした不快な症状が起こるようになります。
最近では医療の技術開発が一気に発達し、なんと針のない無針注射器シリジェットや各種デンタルレーザー治療器を利用することにより、痛みをかなり軽くすることのできる「無痛治療」という選択肢が開発されています。
どのような仕事内容の働く人についても言える事ですが、歯科医院に勤務する歯科衛生士のような医療関係の機関に身を置いている人はとても仕事中の身だしなみに気をつけなくてはいけないでしょう。
カリソルブの使用は割りかた小さめのむし歯の治療には効果がありますが、大きめの虫歯を治すのには利用できないので、申し訳ありませんがご了承のほどお願いします。
シリジェット(無針注射器)と痛みの少ない様々なレーザー治療器を一緒に使って治療する事で、ムシ歯から口内炎まで苦痛を十中八九感じさせない施術することができるみたいです。

最初は、ハミガキ粉無しでしっかり歯をみがく方法を極めてから、仕上げ時に少量の練りハミガキを取るときれいにブラッシングできるようになるでしょう。
普通の義歯の課題をインプラントを備えつけた義歯が補います。ピタリと密着し、お手入れのしやすい磁気の力を利用した様式も存在します。
良く知られているように口の中の唾は、酸っぱそうな物や、おいしそうに見えるものを見たりすると出てくるものですが、じつはむし歯や歯茎の歯周病などを阻むのに適しているのが前述した唾です。
もしもさし歯の根の部分が破損してしまったらそれを歯根破折と呼びますが、悲しいですが使用できません。その九割方を占める症例の場合、抜歯するしかない事になるのです。
PMTCを利用することで、いつもの歯ブラシでの歯みがきでは消し去ることのできない色素沈着や、歯石と一緒ではない付着した汚れ、ヤニなどを余すところなく取り去ります。

虫歯にならないようにするためには、通常の歯みがきだけでは至難になり、要所は虫歯の真因である菌を取り去ることと、虫歯の深刻化を阻むという2大ポイントになるのです。
ムシ歯に端を発する知覚過敏は、虫歯は思いの外病状が進行していると見做され、ずきずきとした痛さも続きますが、そうではない場合は、その場だけの変調で終わるでしょう。
仮歯が入ったならば、ルックスが気にしなくてよくて、食事や会話などの日常生活においても悩むことがありません。更に仮歯があることによって、治療途中の歯が壊れたり、歯列が動いてしまったりする事は全くありません。
人工歯の切り離しがやれるということは、高齢になるに従って変化を見せる口腔内とアゴの様態に合う形で、整えることが実践できるということです。
大人と同じように、子どもの口角炎もいろいろな要因が想像されます。なかでも多い要因は、偏った食事と菌に分けられるようです。

慣れない入れ歯に対して連想される後ろ向きな心象や固まった先入観は、本人の歯牙を使ったときの感じと比較するがために、意図せず大きくなってしまうと推量されます。
我々の歯の表面を覆っている半透明のエナメル質のすぐ下の部分から、口内酸度が低くなりペーハー(PH)が5.5から5.7より弱まると、歯を形成するリンやカルシウムが溶解してなくなってしまいます。
口腔外科という所は、むし歯、歯槽膿漏または義歯の処置だけにとどまらず、口内に発症してしまうあらゆる病状に応じた診療科目だと言えます。
プラークコントロールというキーワードを聞くと、歯ブラシでの歯磨きを想像する方の方が大部分だと予測しますが、実際はそのほかにもいろいろなプラークコントロールの応用技術があるとされています。
本当ならば歯科医の数が多いのであれば、ゆっくり患者を診察してくれそうなイメージがありますが、逆にそういう場所は流れ作業みたいに、患者さんに治療を行うところも実在するそうです。