口臭予防のための生活習慣10箇条

口臭の9割は細菌! やっぱり朝夜は必ず歯磨きを!

きちんと歯を磨いているのに、口臭がなくならない…。
中高年世代で、口臭に悩む人は多い。
いくら礼儀や身だしなみがよくても、口臭があれば対人関係に支障をきたす。

にもかかわらず、その原因や正しい対処法は意外と知られていない。
自分でしっかりと対処・予防することが大切だ。よほど親しい人でなければ指摘してくれないものだけに!

歯学博士のある教授は、「口臭の原因の9割は、口の中の細菌によるものです」そう断言する。
虫歯と歯周病、舌の表面に白や黄色の苔状の汚れがこびりつく舌苔、口の中にとどまった食べ物によって口腔内に細菌が増殖して口発生させる。受付を夜9時まで行っていますので、残業後に来院する大阪のOLさんも多数います。特にインプラント技術には秀でたものがあり、早く予約することをお勧めします。
中でも、「40歳以降の一番の口臭の原因は歯周病です」(同教授)という。

歯周病は、歯のまわりに起こる感染症で、「日本人の40歳~70歳の約8割が罹患している国民病」(同教授)だ。ホワイトニングの治療を受ける前に大切なことは、あなたが受けるホワイトニング治療内容を、あなた自身がキチンと把握することです。すべてを歯科医任せでは満足のいくホワイトニング治療にならないかもしれません。
歯と歯ぐきの境い目にたまる細菌の塊(プラーク=歯垢)が一番の原因で、プラークの中には300~400種類もの菌があり、そのうちの30~40種類が歯周病の原因菌。
歯周病に罹患すると菌の数は、約1億個/ミリグラム(健康なときの約1000倍)へと、急激に増えます」(同教授)。

歯周病が進むと、歯と歯ぐきの間に空間(歯周ポケット)が形成され、ここに、多様な細菌が貯蔵される。

「においを出す菌がたくさんいるプラーク。歯と歯ぐきの間をつまようじなどで軽くひっかいてみると白くつくのがプラークです。これをにおってみるとくさいのがわかりますよ」(同教授)。
つまり、歯周病をきちんと予防・治療することが口臭をなくす最大の方法なのだ。

自分でできる一番の予防法は、歯磨きだ。
ただし、「ほとんどの人が磨いているつもりになっているだけで、きちんと磨けている人は少ない」(同教授)。
「歯と歯ぐきの境いめに歯ブラシの先端を斜めにあて、小さく小刻みに横に動かす。これが歯周病を予防し、口臭をなくす歯磨きのコツです。
虫歯予防の歯磨きとは違いは歯ブラシが歯ぐきにあたっているのを感じながら磨くことです(同教授)。
朝食後と就寝前の1日2回以上歯磨きが大切。「食べ物のカスによる口臭を防ぐためにも、毎食後に行うのが理想」(同教授)。

とはいえ、口の中の細菌を歯磨きでほぼ100%掃除するのはなかなか難しい。細菌は少しずつ口腔内に留まり、その結果、歯石になるため、「年に1~2回、歯科医院でプロによるクリーニングを受けてください」(同教授)。

【食べ物のにおいが口臭になる理由】

口中の残った食べカスに含まれたたんぱく質が、口腔内の常在菌によって分解されるとき、アンモニアや硫化物、インドールなどさまざまな臭気物質が発生する。例えば、揮発性硫化物のメチルメルカプタンは、タマネギの腐敗臭がする。こうした物質が増加して口臭は強くなるのだ。

ニンニクやニラなど、強いにおいの食べ物を食べると、翌日もにおいが残ることも多いが、「胃の中のにおいが呼気としてでてくるのではなく、そのにおい成分が消化によって腸で吸収され、血液を通じ、肺に取り込まれ、呼気としてでてきているのです。従って、口中をきれいにしてもそのにおいをなくすことはできません」(別教授)。

【胃が悪いのは口臭の原因?】

口臭の1つの原因は胃が悪いことといわれていますが、「食道と胃の間には噴門部があり、食べ物などが通るとき以外は閉じられています。ゲップは別として胃の中の空気が呼気としてでてくることはないので、胃が悪いからといって、直接、口臭の原因にはまずなりません」(別教授)。

ただし、慢性の胃腸炎などの場合、舌の表面の舌乳頭が変化することによって舌苔が増えることがあり、これが原因で口臭が強くなることがあります。他に、鼻炎や副鼻腔炎(蓄膿症)、咽頭炎・喉頭炎などが口臭が強くなる病気といわれています。

【舌苔による口臭】

舌の表面のブツブツ(舌乳頭)の突起の間にあるみぞに細菌がたまるのが原因。
そのため、舌の表面を綺麗にすることで口臭はなくなる。
専門の掃除道具を使いますが、指先に巻きつけた濡らしたガーゼで舌の表面をやさしくさするだけでもきれいにすることができます。(別教授)。

■口臭をなくすための生活習慣10カ条

★その1 食事はゆっくりと、よく噛んで食べる
★その2 定期的に市販の口臭チェッカーを使ったり、家族に頼んで口臭がないか確認する
★その3 ノンシュガーのガムなどを噛み、唾液の分泌を活発にする
★その4 暴飲・暴食を避け、胃腸の状態を整える
★その5 歯磨きの後は、マウスウォッシュなどで口の中の細菌を退治
★その6 大切な集まりなどがある場合は、前日ににおいの強い食べ物を食べるのは避ける
★その7 歯と歯ぐきの間を歯ブラシでよく磨く
★その8 ストレスを溜め込まず、睡眠を十分にとる
★その9 舌苔があるなら、濡らしたガーゼで舌を軽くふきとる
★その10 年に1~2回は、歯科医院で歯石をとる

「磨いているようで磨けていない」というのが一番の理由だと思います。
また「舌の白いのは歯ブラシでゴシゴシ落とすのが良い」というのは正しくありません。
舌の上には乳頭が多く存在していますが、それを傷つけてしまいますので、舌専用の布巾などで拭くといいでしょう。

患者への情報の提供と、患者による自己意思を尊べば、それ相応の義務が医者側に対して断固としてのしかかってくるのです。
歯のメンテは、美容歯科分野での治療が終わって希望に沿ったフォルムではあっても、不精せずにその後も継続しないと元通りに後戻りしてしまいます。
歯の表層を少しだけ削って白くする働きをする研磨剤入りの歯みがき剤はなんとなくイメージのよくないアイテムですが、歯がもう一度石灰化する事を助けるのは意義のある効果です。
睡眠中は唾液を出す量が一際微量なので歯を再び石灰化する働きが動かないため、口の中の中性の状態を安定させることが困難だとされています。
病気や仕事などで疲れが溜まり体力が著しく低下したり、栄養の状態が取れていない食事が長らく続くことによって体調の良くない具合に変わると口内炎が現れやすくなってしまうのです。


臭いが気になって、市販の洗浄液や歯みがきガムをよく用いている場合であれば、歯垢を取り去る対策を一番に開始してみてください。あの気になる口腔内の匂いが和らいでくると思います。
ホワイトニングの施術を受けないケースであっても、歯にできている裂け目を無視しておくと、象牙質が傷み、環境の冷たい外気や熱い料理が触れる度に痛みが走る場合があるといわれています。
仮歯を入れてみると、外見が気にならなくて食事や会話等にも悩みません。更に仮歯がある事により、まだ処置中の歯が被害を受けたり歯列がずれてしまったりする事は全くありません。歯の治療を受ける時に大切な心構えは、あなたが受ける治療内容を、あなた自身がしっかりと理解し、納得することです。しっかりと相談しましょう。
専門的な話をすれば、むし歯は、むし歯菌が歯をとかし出す速力に、歯を再び石灰化する機能(とけてしまった歯を元の通りにする働き)の速力が劣ってくると起こります。
口角炎の原因のなかでも最もうつりやすいのが親子同士での接触感染だと思われます。どうしても親子愛によって、常時近くにいるのが主因です。


歯のレーザー治療ではムシ歯の原因となる菌をレーザーの力で消してしまい、その上歯表層の硬さを補強し、痛い虫歯になりにくい歯にする事が可能です。
どんな社会人に対しても言えますが、例えば歯科衛生士のように医療関係の現場に勤務している人はなおさら仕事中の身だしなみに神経を使わなければいけないでしょう。
普通の義歯の問題点をインプラント施術済みの義歯が補います。ぺったりと圧着し、お手入れのシンプルな磁気の力を利用した物も作れます。
仮歯を付けると、見た感じもいい感じで会話や食事においてもまごつきません。更に仮歯があることで、まだ治療の終わっていない歯がダメージを受けてしまったり歯列が歪んでしまったりすることがありません。
プラークコントロールという文言を聞けば、毎日の歯のブラッシングを思う事が大部分を占めると考えますがほかにもバラエティに富んだプラークコントロールの応用技術があるようです。

いま現在、虫歯に悩んでいる人、あるいは以前にムシ歯で悩んでいた人、なんと日本人のざっと9割がこうしたムシ歯を誘発する菌を、疑いなく保持しているということを言われています。
カリソルブという治療薬は、要は「科学技術によって虫歯の所だけを溶かす薬」です。塗付しても、むし歯に冒されていない歯の領域には全然被害のない安全な薬です。
歯を矯正することにより容姿に対する自信を持てず、悩みを抱えている人も明るさとプライドをよみがえらせることが実現するので、内外面ともに充足感を手に入れることができます。
仕事や病気のために、疲れがたまり著しく体力が低下したり、栄養状態の不均衡な食生活が長く続くことにより、体調の良くないシチュエーションに変わると口内炎が出現しやすくなるのだそうです。
外科処置を行う口腔外科という科目は、その特性として、顎口腔治療を中心に据えているので、内科的な治療やストレスによる障害等に関わるほど、担当する範囲はとても広く存在しているのです。

デンタルホワイトニングをしないとしても、歯にできている裂け目を無視し続けると、象牙質がもろくなってしまい、周囲の冷たい空気や食事の際の食べ物がかすめる度に痛みを伴う事があるそうです。
ビオラ社のエムドゲイン治療剤を歯周外科の処置中に患部に塗布すると、初めて歯が生えたような様子とよく似た、強固に密着する歯周再生を助けることができるようになります。
あまり知られていませんが、むし歯は、むし歯の菌が歯をとかし出す速度に、歯の再石灰化の機能(とかされた歯を元通りに戻す働き)のペースが追いつかないと発症してしまいます。
永久歯に比べると乳歯は、エナメル質や象牙質などの厚さがおよそ半分くらいしかないのです。ことさら歯を再び石灰化する力も足りないため、むし歯の菌に容易にとかされてしまいます。
キシリトールはムシ歯を阻む作用が認められたという研究結果が公表され、それ以来、日本はもちろんの事世界中の国々で非常に積極的に研究されてきました。

審美の観点からも仮歯は主要な存在です。両目をまっすぐ繋ぐ線と前の歯の端が平行に走っていなければ、顔の全体が曲がったイメージを受けます。
歯周病や虫歯などが重篤になってからかかりつけの歯科に駆け込むケースが、多いのですが、予防しにかかりつけのクリニックに診察してもらうのが実際にはおすすめできる姿でしょう。
口臭を防ぐ作用のある飲物に、コーヒーの名前があげられますが、あまり飲み過ぎると口腔内の水分がカラカラになり、残念なことに口臭の元になってしまうことが公表されています。
歯科医による訪問診療の治療は、医師の施術が完了してからも口中のケアのために、一定の頻度で歯科衛生士たちが、訪問することがけっこうあると報告されています。
何かを噛むと激痛が走る入れ歯、ぴったりはまっていない入れ歯は、それが元でよく噛み合わせることができずに丸ごと嚥下してしまう情況が、増加してしまっているとのことです。